「空気をおカネに変える法」オプションとは何か

今回から、過去オプションを習得しようと試みたものの
結局諦めてしまった方、これからオプションをモノにしようと
考えている方向けに投資日記ステーションで記事を投稿します。

既成のオプションではなく、オプションの概念を
理解しそれを生活や事業に役立足せる事ができるということを
広く知ってほしいと願い執筆しています。

「過去オプションを習得しようと試みたものの結局諦めてしまった方」には、
特に、諦めずに再チャレンジしたいと思っていただける内容が盛り込まれています。

オプションに興味のある方に、オプションの概念は小学生でも
容易に理解出来るものであることを知ってほしいと思っています。

それは決して誇張ではありません。

私が実践する「オプション」は何が違うのか?

それは既成概念ではなく自由な思考に基づいているということです。

そのような自由な思考に基づいているので先入観のない小学生の方が
むしろ理解するのが容易であると言えます。

既成概念は多くの場合、経験と知識が豊富な大人に染み付いています。

それがオプションの理解の妨げになると考えられます。

●「空気をおカネに変える法」:オプションとは何か

私は「オプション」を一般に知られ理解されている
用語として扱いません。

「オプション」をデリバティブ(英語の”derivatives”)
を代表する言葉として使っています。

「デリバティブ」は経済や金融の専門書、
あるいは、経済紙や経済誌などにおいて「金融派生商品」と
訳されているようですが、私はそのような金融用語としても
扱っていません。

私はそれを「数理的自由・構造・仕組み」と解釈し、
それに基づいて事業に取り組んでいます。

さらに、アカウンティング(会計学)を数理的原理とともに
利用しています。

アカウンティングは事業において非常に重要なツールです。

信じられないかもしれませんが、数からマネー(キャッシュ)
が生み出される構造がこの世に存在するのです。

「オプション」について数をある原理や仕組みに基づいて
組み合わせてマネー(キャッシュ)を作る装置だと理解すると
オプションの本質が見えてきます。

オプションの理論など詳しく知らなくていいのです。

「数からマネー(キャッシュ)が生み出される構造」
私に関する限り、これこそがオプションの本質です。

今回のタイトルの「空気をおカネに変える法」の背景を
簡単にお話ししましょう。

Louise Armstrong(ルイズ・アームストロング) 著
“How to Turn Lemons into Money” (「レモンをお金に変える法」)
という子供向けに書かれた経済学の絵本があります。

1977年にアメリカで出版されたその絵本は経済学の
専門家の間でも評判だったそうです。

私が子供向けに金融論の絵本を出すならタイトルは
“How to Turn Thin Air into Money”(「空気をお金に変える法」)
にするだろうと思います。

その内容は金融論というよりアカデミズム(学問的領域)に
おいては数学や物理学に属します。

あるいは、それらを応用した工学です。

それゆえに、私はオプション投資を事業として扱っています。

実際に、「空気をおカネに変える」という技術的な内容の前に、
背景を知る必要があります。

それらの内容からこの方法の事業の価値に気づかれるでしょう。

●人生をカスタマイズせよ!

ところで、皆さんの多くはスマートフォンを利用されていると思います。

ご存知のようにスマートフォンはOSの違いによって
iPhone (アイフォーン)とAndroid(アンドロイド)の2つの種類に大別されます。

iPhone (アイフォーン)とAndroid(アンドロイド)はどう違うのか。

これはどちらが優れているかといった論議ではありません。

Androidスマートフォンの特徴の一つは
自由にカスマイズすることができることです。

「カスタマイズ」とは、ユーザーの好みと使い方に合わせて、
システムやソフトウェアの機能などを設定し直すことです。

カスタマイズの規模はさまざまです。

個人がソフトウェアのツールバーの配置を変更したり、
よく使う機能のショートカットキーを割り当てたりといった、
インターフェースの変更もカスタマイズにあてはまります。

「カスタマイズ」は英語の”customiz” から来ています。

言葉の定義としては
“modify (something) to suit a particular individual or task”
「ある特定の個人や仕事に合うように修正すること。」と表現されます。

“modify”(修正する)を”adjust”(調整する)と言い換えることもできます。

私が扱うオプションは既成概念オプションではありません。

幅広い概念においてオプションを扱っています。

そして、そのような“オプション”は自由にカスタマイズすることで
「空気をおカネに変える」ということを実践しています。

そう、私が実践しているオプションはアンドロイド型なのです。

アンドロイド型のオプションは概念的には小学生の方が
むしろ理解するのが容易だろうと想像しているのは、
「おカネをマネーに変える法」の知識や技能を身につけるには
固定観念や既成の概念から解放される必要があるからです。

今後のメルマガでは「オプションを学ぶことなくオプションをモノにする」を
モットーに皆さんをより興味深い深い世界へとお誘いします。

「オプションをモノにする」と「空気をおカネに変える法」を
身につけることと同義です。

次回は、
新しい概念のオプションについてご紹介します。

無料ウェブセミナー「アメリカETNを利用して年利38%の利回りをあげる方法」を公開中!

slide1 増田さんの投資手法は恐怖指数とも呼ばれるVIX指数の性質利用した方法です。
アメリカにはこのVIX指数に連動したETNがいくつか取引されています。 このETNを利用することで安定的に利益をあげ続けていくのが増田さんの手法です。 この投資手法の具体的な手順を自らもこの手法を実践しているエンジュクの木原が動画で解説しています。

このセミナー受講することで下記の効果があります。
・自分が今何をすべきか、どんな投資をするべきか。何を学ぶべきか、確信が持てるようになります。何をしていいかわからない、、、そんな迷いやフラストレーションがなくなります。
・株式トレードやFXトレードをやってみたものの利益がだせない、、、その原因と解決策が判明し、打開策が実行できるようになります。
・あなたが投資をする際の根拠を作れるようになります。何かを作るときに根拠が必要なように、投資戦略をたてるときにもまずは根拠がないとはじまりません
・着実に利益を上げる方法が学べます。運に頼って投資をするのはもうやめましょう。

下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。

今すぐ参加する

Speak Your Mind

*