新型オプションの概念を数値で理解する

前回の記事では、

「オプション」の概念を利用して収益を上げられる
仕組み・構造がある

ということをお伝えしました。

今回は、数値を用いてこの概念をわかりやすく
説明しようと思います。

● 新型オプションの概念を数値で理解する

まず、簡単に数値の並びをあげます。

15 17 19 21 22 23

の6つの数値があります。

15以外のすべての数値が時間の経過とともに
15に近づくと仮定するとどうでしょう?
実際にそのような構造(仕組み)が存在するのです。

数が次第に減少していくような構造を「逓減構造」と言い、
そのような構造を持つ数値を「逓減数値」と言います。

私たちはこのような構造を利用してマネーを作ることができます。

下記の表をご覧下さい。

17.00と15.00の差の2.00は200ドルに転換することができます。
他の数値も同じです。
この表は、数をおカネに変えるいわば転換装置です。

これらの数値は新型のオプションとして、
株式の仕組みに変えることができます。

その意味で、新型のオプションは小難しいオプションの理論を
学習する必要はありません。
オプションの概念を株式の制度に転換することができるからです。

表現を変えると、
制度としての株式の仕組みを利用してオプションを扱うことができる
ということです。

「制度として株式の仕組みを利用する。」とは、
私たちが扱う数値が制度上株式の仕組みや構造を持っているということで、
表面上は株式を扱うという意味です。

しかし、それは企業の発行する株式ではないので
企業の価値や材料(情報)が反映されたものではありません。
それは本質的にはオプションなのです。
それを「新型オプション」(「新しい概念のオプション」)と呼んでいます。

これからお伝えしようとしているのは、
株式投資やトレードでもなければオプショントレードでもありません。
オプションの概念を利用した「数のオペレーション」です。

それを知れば皆さんは新型オプションの虜になるでしょう。

● 空気をおカネに変えるメカニズムとは

もう一度、こちらの表をご覧下さい。

この表の中におカネが落ちているといえば信じられるでしょうか。

そのようなおカネを拾いあげるのが“新型オプション”です。
それは上表の数値を形式上、株式の形に転換するメカニズムを意味します。

私がそれを勧めるのは以下の理由からです。

第一に、新型オプションのオペレーション(操作)において
扱っている数値のほとんどが長期的に利益を約束してくれる
数学的効果に支持された構造を持っていることです。

第二に、それは万人向けで(オプションの理論に関する知識や
オプション取引の経験がない方でも実行でき)

全方位型(いかなる目的?生活のために利用する、
預金の代替として余った細かい資金に利を乗せる、
事業として取り組む、資産運用の代替手段として利用する等の目的に敵う)
手段として利用できることです。

私が扱うことができる数値は上に掲げた表の数だけに限定されません。
非常に多くの数やその組合せを利用して、
新しい価値(=マネー)を作ることができます。

私たちは上述のオペレーションにコミットしています。
そして、皆さんをこのような非常に興味深い世界にご案内したいと思います。

次回の記事では、
新型オプションの魅力についてさらに詳しくお伝えします。

無料ウェブセミナー「アメリカETNを利用して年利38%の利回りをあげる方法」を公開中!

slide1 増田さんの投資手法は恐怖指数とも呼ばれるVIX指数の性質利用した方法です。
アメリカにはこのVIX指数に連動したETNがいくつか取引されています。 このETNを利用することで安定的に利益をあげ続けていくのが増田さんの手法です。 この投資手法の具体的な手順を自らもこの手法を実践しているエンジュクの木原が動画で解説しています。

このセミナー受講することで下記の効果があります。
・自分が今何をすべきか、どんな投資をするべきか。何を学ぶべきか、確信が持てるようになります。何をしていいかわからない、、、そんな迷いやフラストレーションがなくなります。
・株式トレードやFXトレードをやってみたものの利益がだせない、、、その原因と解決策が判明し、打開策が実行できるようになります。
・あなたが投資をする際の根拠を作れるようになります。何かを作るときに根拠が必要なように、投資戦略をたてるときにもまずは根拠がないとはじまりません
・着実に利益を上げる方法が学べます。運に頼って投資をするのはもうやめましょう。

下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。

今すぐ参加する

Speak Your Mind

*